« 脂肪肝の人の食事~脂肪肝とは~ | 新年あけましておめでとうございます。 »

お酒との付き合い方

この時期、忘年会・クリスマスなどお酒を飲む機会が

多くなってくる頃ではないでしょうか。

今回は「お酒との付き合い方」についてお伝えします。 

   

お酒を飲んだら、その分ご飯を減らそうかな?

食事相談で、お酒を飲んだ時はごはんを食べない方を

よく目にします。

お酒と主食(ご飯)は同じ糖質として考えているから、

という理由のようです。

    

しかし、お酒と主食(ご飯)は、そこに含まれている栄養素

が全く違うものです。

ご飯には食物繊維やミネラルなどが含まれ、お酒には

糖質以外にアルコールが含まれます。

    

アルコールは1gあたり約7kcalのカロリーあり、エンプティ

(空っぽ)カロリーといわれ、体に必要な栄養素をほとんど

含んでいません。

  

 

つまり、カロリーばかりが増え、栄養素のバランスが崩れ

ます。 

「お酒がまずくなるから、ご飯を食べない」のではなく、

ご飯は軽く1杯くらいは食べられるような、お酒の量に

しましょう。

   

しかし、ジョッキでビールを何杯も飲んで、主食も食べる

ようでは全体のカロリーが増えてしまいます。 

  

●焼酎ならたくさん飲んでも大丈夫?

日本酒やワインには糖分があり、焼酎やウイスキーの

ような蒸留酒には糖分が含まれていないので心配はない、

という理由で焼酎を飲む方がいます。

  

しかし、日本酒やワインに含まれる糖分もそうですが、

アルコール自体も悪影響を与えます。

お酒のカロリーの大部分は、アルコールのカロリーです。

    

肝臓は、日本酒1合(アルコール約20g)を分解するのに

約3時間もかかってしまいます。

つまり、量が多くなれば、肝臓の負担は大きくなります。

     

ずっと付き合っていく身体です。

肝臓にも休暇を与えてあげましょう。

    

一方で、日本酒やワインの効能についても色々な説があり

ます。

   

焼酎や日本酒・ワインのどれが良いというのではなく、大切

なのは適量を守ることなのです。     

   

<アルコール20gの目安)>   

ビール中瓶1本、日本酒1合、ワイングラス2杯、

焼酎(25度)半合、ウィスキーダブル1杯     

   

●お酒の選び方

アルコールの度数が上がるとカロリーも上がります。

度数の高いお酒は薄めて飲んだり、ビールなど度数の低い

お酒は量を控えたりしましょう。        

 

    

今年最後のブログアップとなりました!

来年はgenki blogも新しいサイトになるようですので、

そちらでもどうぞよろしくお願いします!

 

では、皆さん、よいお年をお迎えください!!!

    

コメント & トラックバック/ピンバック

コメントとトラックバックを受け付けていません。

コメントはまだありません。