糖尿病性腎症の食事療法の基本

前回は、糖尿病性腎症とは・・・についてお伝えしましたが、
2回目は食事療法の基本についてお話しします。
基本的なことをお伝えしますので、具体的な方法については
主治医の指示のもと、栄養相談を受け、実践しましょう。
 
(エネルギー量)
〇1日の摂取エネルギー量は
    標準体重〔身長m×身長m×22〕×30kcal
 
〇肥満で減量が必要な場合はさらに低下します。
    標準体重×25kcal
※注意:必要以上にエネルギーを制限すると、
    体内のたんぱく質が使われてしまいます。
 
(三大栄養素のエネルギー比)
糖質60%、脂質25%、たんぱく質15%程度とします。
しかし腎症の程度によりたんぱく質はさらに低下します。
欠食はせず、1日3回規則正しく、ゆっくり食べます。
 
(たんぱく質)
早い段階からたんぱく質の摂取量を減らすと、尿毒症物質の
産生や貯留が抑えられ、腎機能の低下が抑えられます。

体重1kgあたり1日0.8g前後となります。
     

(脂質)
動脈硬化、心臓疾患などを防ぐために、植物性油から
とるようにします。

1日60~65gくらい。
(腎症では、たんぱく質制限分のエネルギーを糖質と脂質で
補います。)
 
(糖質)
1日250g前後に制限します。

しかし1日100~150g以下にはしないようにします。

砂糖、ブドウ糖、果糖は吸収が早いため、インスリンの需要量が
増えるので1日10g以内とし、大部分は多糖類のでんぷんで補う
ようにします。
 
(塩分)
病期によって、1日5~8g前後に制限します。
高血圧の方はとくに注意します。
 
(水分、カリウム)
一般的に制限はありません。しかし、場合によっては制限
します。
乏尿、胸水、腹水などでは、水分1日900ml
高カリウム血症や腎不全では、カリウム1日1000mg前後
 
ビタミン、ミネラル(カルシウムや鉄など)、食物繊維が不足
しやすいので、気をつけます。
たんぱく質制限がきつい場合や、カリウム制限がある場合は
食品でとりにくくなるので、補助食品の利用をすると比較的
とりやすいです。
 


                                  
また、おかずへたんぱく質使用量を多くしたい場合は、主食に
たんぱく質調整食品を利用するとバラエティに富んだ食品の
組み合わせができます。

腎臓病の食事は、病期が進むにつれ複雑になってきます。
また、年齢や病状を主治医が総合的に判断して調整が行われる
場合も多いので、必ず、主治医や栄養士と食事管理について
相談しましょう。
 

    詳細はCKD診療ガイドの病期、糖尿病性腎症生活指導基準に順じます。
    腎臓病の食事療法には「食品成分表」を使用するとよいでしょう。
      また、使用できない場合は「腎臓病食品交換表」も簡便に使え便利です。

糖尿病性腎症とは・・・

前回は、糖尿病の合併症や治療についてお伝えしましたが、
今回は少し進んで、糖尿病性腎症についてお伝えします。
 
糖尿病のコントロールが悪く、10~20年の経過で、無症状で
進行します。
高度のたんぱく尿(ネフローゼ症候群)や腎不全で気付かれる
ことがしばしばです。
病状が進行すると、ネフローゼ症候群や腎不全となり、ついには
透析療法が必要となってしまいます。
 
「糖尿病から透析になっちゃうよ。」と指導された方も多くいらっ
しゃるとは思います。
しかし人ごとではありません。
 
透析導入患者の中で、糖尿病から透析となった患者の割合は
1983年には15.6%であったのに対し、2008年では43.2%にまで
増加しています。




                           透析導入患者の主要原疾患
主要原疾患名
1983年
2008年
糖尿病性腎症
15.6 %
43.2 %
慢性糸球体腎炎
60.5 %
23.0 %
腎硬化症
3.0 %
10.5 %
多発性嚢胞腎
2.8 %
2.5 %
慢性腎盂腎炎
2.4 %
0.7 %
急速進行性糸球体腎炎
0.9 %
1.2 %
SLE腎炎
1.1 %
0.8 %
不明
4.4 %
10.6 %
                                                                     (日本透析医学会より)
 
                                                                                            
糖尿病性腎症の症状
     たんぱく尿がみられます。
    微量アルブミン尿がみられ、進行すると顕性のたんぱく尿が
    みられます。(尿たんぱく定性試験で1(+)以上)
     たんぱく尿や糖尿のため、尿があわ立ち、消えにくくなります。
     ときに軽度の血尿をともないます。
     まぶたや下腿の浮腫(むくみ)、胸水、腹水、ネフローゼ症候群
     が高度な場合には全身性浮腫やうっ血性心不全を呈します。
     程度によって高血圧がみられます。
     尿量の減少(乏尿・・・1日400ml以下)。進行例にみられます。
     腎盂腎炎、腎髄質乳頭壊死
     尿中NGA活性、α1-β2-ミクログロブリン、Ⅳ型コラーゲンの高値、
     腎機能の異常
     初期   ・・・腎機能の高値、
     進行期・・・腎機能の低値、血中尿素窒素・血清クレアチニンの高値)
                   尿比重の高値
 


知らないうちに腎臓に負担がかかっている場合もあります。
糖尿病を放置しないようにしましょう。
また、病院にかかっていない糖尿病の方で異常値や上記の症状の
ある方は、すぐに病院で治療を開始してください。