« プロバイオティクスとしての乳酸菌 | 食物アレルギーについて誤解はありませんか? »

食物アレルギー

新年度を迎え、新しい環境となった子どもたちも多いことと思います。
今回は「食物アレルギー」についてお伝えします。
 
特定の食物をとることによって、アレルギー反応が起きて、じんましん・
かゆみ・咳・喘鳴・腹痛・嘔吐など、さまざまな症状が現れることをいい
ます。
引き起こすのは、多くの場合、動植物由来(卵、乳製品、小麦、大豆など)
のたんぱく質で「食物アレルゲン」と呼ばれています。
 

<多い年齢と原因食品>
1歳未満の乳児の発症が圧倒的です。
食物アレルギーと診断されても、成長とともに消化能力や免疫機能が
高まることで、そのうち大部分の子どもは小学校入学までには食べられる
ようになります。

               乳幼児期の食物アレルギーの3大原因食品
順位
0~3歳
4~6歳
7~19歳
20歳以上
1位
鶏卵
鶏卵
甲殻類
甲殻類
2位
乳製品
乳製品
鶏卵
小麦
3位
小麦
甲殻類
そば
果物類
 


<どんな種類があるの?>
新生児期から成人期までさまざまな種類があります。

タイプとして多いのはアトピー性皮膚炎が悪化してくる「食物アレルギーの
関与する乳児アトピー性皮膚炎型」で、主に乳児期に発症します。
また原因食品をとってから2時間以内に発症する「即時型」も多く、皮膚症状
やさまざまな症状を発症します。
         
 
食物アレルギーの分類
分類
発症年齢
頻度の高い食品
新生児消化器症状
新生児期
牛乳(育児用粉乳)
食物アレルギーの関与する
乳児アトピー性皮膚炎  ※1
乳児期
鶏卵、牛乳、小麦、大豆など
じんましん、アナフィラキシーなど
即時型症状
乳児期~成人期
乳児~幼児/鶏卵、牛乳、小麦、そば、魚類など
学童~成人/甲殻類、魚類、小麦、果物類、そば、ピーナッツなど
食物依存性運動誘発
アナフィラキシー   ※2
学童期~成人期
小麦、エビ、イカなど
口腔アレルギー症候群 ※3
幼児期~成人期
果物、野菜など
 
          1 すべての乳児アトピー性皮膚炎に食物が関与しているわけではありません。
     2 特定の食品と運動の組み合わせで、全身にショック症状を引き起こす即時型アレルギー。
     3 果物(キウイ、メロン、もも、など)や野菜が原因で起る口腔内のアレルギー。
 

コメント & トラックバック/ピンバック

コメントとトラックバックを受け付けていません。

コメントはまだありません。