「栄養表示」ご存知ですか?

メタボ健診といわれている、「特定健診」がはじまりましたが、

皆さんのおなか周りはいかがですか?

 

 

今はほしい食べ物を24時間、季節に関係なく手に入れること

のできる時代となっています。

生活習慣病やメタボリックシンドロームなどにも関係が深い

生活スタイル。

このような状況において、「栄養表示」の正確な認識を再確認

してみませんか。

 

注意したい「栄養強調表示」!

☆「栄養表示」

加工食品に義務づけられている、皆さんがよく目にする

「エネルギー・たんぱく質・脂質・炭水化物・ナトリウム」など

 

です。 


☆「栄養強調表示」

「栄養表示」された栄養成分、その他の栄養成分が、規定値

に対して多い時や少ない時にできる強調した表示のことです。


「カロリーゼロ」、「カロリーひかえめ」、「ビタミンCたっぷり」

などです。 

「栄養強調表示」は強調表示できる基準を満たせば表示でき

るので、注意が必要です。

例えば・・・ 

例1)

食品100g中にエネルギーを3kcalしか含んでいない場合・・・

基準値である5kcal未満を満たしているので、「カロリー0kcal」

と表示することができます。

 例2)

食品100g中にエネルギーを30kcalしか含んでいない場合・・・

基準値の40kcal以下を満たしているので、「カロリーひかえめ」

と表示することができます。

  

つまり、ダイエットのために「カロリーゼロ」という食品を購入

する場合、カロリーが全くのゼロというわけではありません。

また、100g(100ml)中に対する表示なので、実際の量をよく

 

みて、誤解のないようにしていきたいものです。


 

東京都福祉保健局パンフレット
「食品に栄養表示するときは・・・栄養表示基準について」参照
<基準値などありますので、詳しく知りたい方はご参照ください。>