« 高尿酸血症・痛風の人の食事~尿酸が高いとは?~ | 「生活習慣改善講習会」を開催しました »

高尿酸血症・痛風の人の食事~食事のとりかた~

今回は高尿酸血症・痛風がある人の食事のとりかたです。 

 

①肥満の方はまず、減量をします。

尿酸が高くなる原因は代謝が悪いということもあります。     

     

②プリン体の多い食品をとりすぎないようにしましょう。 

肉・魚の内臓、甲殻類(えび・たこ・いか)、丸干しの干物、

大豆製品などはプリン体が多くなります。 

しらす、めざしなど小魚類は内臓も一緒に摂ってしまいます

ので、気をつけましょう。

酒の肴は白身魚・チーズ・野菜・海藻類などがよいでしょう。      

    

③たんぱく質はとりすぎないようにしましょう。

卵や牛乳・乳製品を除いて、たんぱく質食品にはプリン体が

多いのです。

普段おかずが多い、お酒のおつまみに焼き鳥や豆腐、

刺身がたくさん並ぶ、などといった食事のとりかたは改め

ましょう。      

    

④アルコールは控えましょう。

特に日本酒・ビール・ワインはプリン体が多く含まれて

います。

ビールより焼酎というのはこのようなことから、言われて

いることです。

しかし、アルコールは肝臓で、尿酸を作るのを増加させて

しまいます。

またアルコールが分解されるときに作られる物質は、腎臓

から尿酸の排泄をさまたげます。

2_jupiter01759.jpg

最近ではプリン体ゼロのビールなどもあります。

焼酎などは薄めて飲めるものなので、そういった意味でも

効果があるのでしょう。

アルコールはほどほどに、ということです。 

   

⑤水分を十分にとりましょう。

尿量を増やして、尿酸の排泄を促しましょう。 

    

⑥野菜を十分にとりましょう。

肉・魚が多く、野菜が不足していませんか。

肥満を避け、健康を維持するにはバランスのよい食事から

です。

痛風に限らず、さまざまな生活習慣病の予防につながり

ます。 

           

またプリン体は水によく溶けます。

豚骨、鶏がらを使用したラーメンやスープ、肉を焼いた

あとの肉汁などはプリン体が多く含まれています。

飲んだあとに、締めでラーメンなどという方、いませんか? 

コメント & トラックバック/ピンバック

コメントとトラックバックを受け付けていません。

コメントはまだありません。