« 野菜の主な栄養素と機能性 | 食生活と主ながんについて »

デザイナーズフーズプログラムとは

がん予防のためにと単品の食品を食べ続ける方がいらっ
しゃいます。
中でも人参やキャベツ、たまねぎ、納豆(もしくは豆腐)に
集中している方が多いように感じます。
 
今回は「がんと抑制効果のある食品群」として以前、研究
されていた「デザイナーズフーズプログラム」について説明
します。
 
デザイナーフーズプログラムでは、アメリカにおける食生活
の調査の結果により、
過去にがん予防効果を示唆する報告
が得られている植物性食品約40種類の食品をピラミッド型
の図で示しています。
ピラミッドの上にあるものが、がん予防効果の高い可能性が
あるとされています。

アメリカの国立がん研究所が、がんを食事により予防できる
のではとの仮説をたて、1990年に開始した5年計画のプロ
ジェクトでした。

 
【デザイナーズフーズプログラム】


にんにく
キャベツ、甘草、大豆、ショウガ、
せり科(人参、セロリ、バースニップ)

たまねぎ、お茶、ウコン(ターメリック)
かんきつ類(オレンジ、レモン、グレープフルーツ)
全粒小麦、亜麻、玄米、ナス科(トマト、ナス、ピーマン)
アブラナ科(ブロッコリー、カリフラワー、芽キャベツ)

マスクメロン、バジル、タラゴン、カラス麦、ハッカ、オレガノ、きゅうり、
 
タイム、アサツキ、ローズマリー、セージ、じゃが芋、大麦、ベリー
 

 

18年前の研究となりますがピラミッドに取り上げられていなくても、
最近はがん予防効果が期待されている食品がでてきました。

これらの有効成分の多くは抗酸化作用を持ち、活性酸素などに
よるDNA(遺伝子)の損傷を防いでがんを抑制するとされています。
 
以上のように、がんと食事については色々な研究がなされてき
ましたが、これを食べたらがんを防げるということでもありません。
 

偏った食事をせずにバランスよく、いろいろな食品をとるように
心がけましょう。
 
 

コメント & トラックバック/ピンバック

コメントとトラックバックを受け付けていません。

コメントはまだありません。