« 新年あけましておめでとうございます。 | 平成19年度「国民健康・栄養調査結果」~糖尿病の状況について~ »

風邪予防・早期に治すために

空気が乾燥し、せき込んでいる方、風邪をひかれている方も
多く見受ける今日この頃。
 
風邪のウイルスが侵入してもからだの抵抗力があれば、症状
も軽くすみます。
しかし、抵抗力がないと、中耳炎、気管支炎、肺炎など重い
病気に進行することもあります。
栄養と水分補給・睡眠で抵抗力を高めましょう。
 
《風邪予防》
風邪の予防や改善には粘膜を強くすることが大切です。
ビタミンA、Cをとりましょう。
皮膚、粘膜を正常に保ち、感染症を予防します。
抗酸化力をもち、活性酸素を除去します。

(ビタミンAの多い食品)
レバー、緑黄色野菜(人参、ほうれん草、南瓜など)

(ビタミンCの多い食品)
果物(柿、いちごなど)、緑黄色野菜、いも類など
 

 
《風邪をひいてしまったら》
じっとしていても、体力を消耗しています。良質のたんぱく質、
糖質をとり、エネルギーを補給しましょう。

●保温、水分の多い食べ物をとりましょう。
  番茶、温かいレモンティー、くず湯、おかゆ、スープ、温めた
牛乳、パンがゆなど。
 また、殺菌作用・体を温める作用のある生姜をすりおろし、
紅茶などに入れてみてはいかがでしょうか。
 
●ビタミン補給をしましょう。
 果汁100%ジュース、果物など。
 発熱で失われたビタミンの補給をしましょう。
 
●消化の良い食べ物をとりましょう。
風邪をひくと胃腸が弱るので、食物繊維や脂肪の多い消化
の悪いものは避け、おかゆやうどんなど消化がよく、温かい
  食べ物をとりましょう。
 食欲がないときは、好きなものを少しずつでもとるようにしま
しょう。
 食欲が出てきたら、ごはんにし、おかずも一緒にとるようにし
ましょう。 

コメント & トラックバック/ピンバック

コメントとトラックバックを受け付けていません。

コメントはまだありません。