« 基礎代謝量の計算って? | 野菜の主な栄養素と機能性 »

野菜をたくさん食べよう

清瀬市「市民健康まつり」での栄養展に続き、先日は小平市の
栄養展でした。
たくさんのご来場ありがとうございました。

栄養展では、テーマを決めて展示などをおこなっていますが、
1日の野菜の重量をはかってみるコーナーは毎年人気のコーナー
です。

毎日の食事相談の中でも「野菜はとっています」とおっしゃる方が
いますが、夕食のときに野菜を多くとっているので、大丈夫と思って
いる方がたくさんいらっしゃいます。
皆さんは1日にとりたい野菜の量をご存知ですか?
 
<1日にとりたい望ましい野菜の量は350g>
野菜350gといってもなかなか実感しにくいものですね。
 
野菜70g相当の量を野菜料理1皿とすると5皿分になります。

【1皿分の目安(重量はあくまで一例です)】
    ほうれん草のおひたし(80g) 
◆  かぼちゃの煮物(75g) 
    野菜サラダ(75g) 
◆  冷やしトマト(75g) 
◆  野菜炒め(125g)
    具だくさんのみそ汁(75g)
 
1食で5皿食べるのではなく朝2皿、昼1皿、夜2皿などに分け、
1日3回の食事で野菜料理を5皿目指すようにすると350gの野菜を
とることができます。
 
<野菜の量をアップするためにひと工夫の食生活>
●野菜のつくり置きメニューを用意しておく
 きんぴらごぼう、ひじき煮、ナムルなど・・・
●生でおいしく食べられる野菜を用意
 トマト、キャベツ、きゅうりなど・・・
●肉・魚料理のつけあわせの野菜をたっぷりと用意する
●具だくさん汁をつくる
 野菜をたくさん入れたみそ汁、けんちん汁、ミネストローネなど・・・
 
<調理を工夫して量も栄養も効率アップ>
●ゆでる
 大量に見える野菜もゆでれば量が減り、生野菜の数倍の量が
   食べられます。
●炒める
 緑黄色野菜を油で炒めると、カロテンが油に溶け、効果的に
   吸収されます。
 
〈日本栄養士会 「健康増進のしおり」より〉
 
次回は野菜の主な栄養素と機能性についてお話しいたします。

コメント & トラックバック/ピンバック

コメントとトラックバックを受け付けていません。

コメントはまだありません。