« 気をつけよう食中毒 ~家庭でできるポイントって?~ | 食中毒予防、冷蔵庫の使いかた »

家庭で起こりやすい食中毒ランキング

「平成19年度発生食中毒件数」

 

                                 内訳ランキング!

■ウイルス性食中毒                    

ノロウイルス  食中毒全体の約半数!

冬期には貝類の生食等が原因と推定される食中毒

が多発します。

<原因食品>

○カキなどの貝類     

○調理従事者を介して二次汚染された惣菜や果物

    など。

<対抗策>

○下痢症状の人は食品の取り扱いをしない。

○手洗い、うがいをして二次汚染を予防する。

○貝類の生食をさけ、中心部まで加熱処理する。

○周囲の清浄化のために殺菌剤による清掃などを

    する。 

■細菌性食中毒ランキング!!! 

第1位 サルモネラ属菌  発生件数が多い!

鶏卵の汚染率が増しています。

食肉の汚染率は20~30%といわれています。

原因食品>

○牛、豚、鶏などの食肉・卵類。

<対抗策>

○肉類や卵は加熱調理し、生肉は食べない。

○ネズミ・ゴキブリ駆除やペットに触れたあとは手洗い

    をする。 

   

第2位 ウェルシュ菌  集団食中毒を引き起こす!

人や動物の腸管や土壌、下水に広く生息する細菌

です。

<原因食品>

○汚染された肉や魚介類を使った、たんぱく質食品。

○カレーやスープなどの、鍋底近くで増殖しやすい。

<対抗策>

○カレーやスープを調理するときはよくかきまわす。

   (菌が空気にふれて、増殖を防ぐ効果がある)

○調理済み食品を室温で放置しない。

○冷凍肉は完全に解凍してから調理する。

○調理済み食品はすばやく冷却して冷蔵庫に保存

  する。 

    

第3位 カンピロバクター  低温でも生存できる!  

主に食肉を介した食中毒が問題となっています。

<原因食品>

○食肉やその加工品(特に鶏肉の汚染率が高い)。

○牛乳や飲料水。

<対抗策>

○肉類は加熱調理し、飲料水も煮沸殺菌する。

○生肉と調理済み肉類を分けて保存する。

       

第4位 腸炎ビブリオ  海産物に注意!

主に魚介類が原因。近年は減少傾向にあります。

<原因食品>

○生鮮魚介類(海産)やその加工品。

○二次汚染された食品(特に塩分のあるもの)

<対抗策> 

○魚介類は、低温管理する。

 (5℃以下ではほとんど増殖しない)

○魚介類は真水で洗い、できるだけ加熱調理する。

   (熱に弱く、100℃で数分加熱すると死滅)

○魚介類と他の食品との接触をさける。

    

第5位 黄色ブドウ球菌  100℃30分でも壊れない毒素!

人の手指から検出されることがあります。

増殖の際に毒素を作ります。

<原因食品>

○おにぎり、弁当、サンドイッチ、ケーキなどの手作り

 食品。

○調理する人の手によって菌が食品を汚染する。

<対抗策>

○手荒れや傷のある人は、食品や調理器具に直接

  触れない。

(マスク、帽子、薄いゴム手袋などを着用して調理する)

○残った調理済み食品の再加熱利用をさける。

 

○手洗い、手指の消毒。 

    

その他の食中毒菌には、次のようなものがあります。

セレウス菌  残り物に毒!

ボツリヌス菌 致死率30~80%の強烈な毒素!

エルシニア 冷蔵庫の過信に注意!

腸管出血性大腸菌(O-157) わずか100個で感染する! 

コメント & トラックバック/ピンバック

コメントとトラックバックを受け付けていません。

コメントはまだありません。